加工されていない生コラーゲン

生コラーゲン、つまり一切加工されていない生の状態のコラーゲンで、効果は加工されているコラーゲンより期待できます。

コラーゲンは熱に弱いという性質があるので、加工するとどうしても効果が低くなってしまい本来持っている力を100%発揮するという事が難しくなってきてしまいます。

加工されたコラーゲンが、効果がないというわけではないのですが、生コラーゲンの方が数倍は高い吸収性があり、同じ量を摂取したとしても効果の出方にはかなりの差があると言われています。

最大限の力を発揮

生コラーゲンは、コラーゲンが本来持っている力を損なうことなく発揮できるというメリットあり、また体に吸収されやすいというメリットもあります。

生であるがゆえに加工されているコラーゲンよりも体に浸透しやすく、そのぶん効果も出やすいというわけです。

ドリンクや化粧品

生コラーゲンには、ドリンク状のものや化粧品に配合されているものなどが最近開発され、話題の商品として注目をあびています。

ドリンクの場合は飲めば骨や軟骨に良い影響を与えますし、化粧品の場合は肌に直接つけることで保湿力や弾力などをたっぷりと与えることができます。