肌トラブルを起こす可能性

今ゼラチンコラーゲンが注目されているのはご存知ですか。ゼリーや、ババロア、お菓子の材料として幅広く使用されていてそのおいしく食べられる事から話題になっています。

取り過ぎ注意

摂取しすぎると、肝機能に大きな影響を与えてしまいます。その原因は、たんぱく質であるゼラチンを体内で分解する際に発生するアンモニアにあり、たんぱく質を過剰に摂取しすぎると、発生するアンモニアの量が多すぎて排尿処理が間に合わず体内に残ってしまう事で肝機能に悪影響を与えてしまうのです。

肝機能以外にも、ごくまれですがゼラチンアレルギーなり、ゼラチンが含まれる食品を口にすると息苦しくなったりといった症状が出てくる事があるので、過剰に体内に取り入れる事は控えた方が良いでしょう。

コラーゲンは皮膚だけでなく、骨や血管、髪の毛など、人間の体を構成するあらゆる組織の中に存在していて、私たちが生きていくうえで欠かせない主要な成分ですが、そのコラーゲンが不足すると、私たちの体にどのような影響が出てくるのでしょうか。

肌トラブル

一般的に知られているのは、肌に対する影響です。コラーゲンが不足することによって、女性が求め続ける美しい肌には程遠い、シワやたるみといった症状が出てきて乾燥しやすくなり、肌の張りやつやが失われ、老化が進行してしまいます。

それどころか肌荒れを起こしたり、多くの肌トラブルを起こしやすくなってしまうというケースが多く見られます。

髪や関節にも

コラーゲン不足の悪影響は、肌荒れ以外にさまざまな症状となって表れてきます。髪の毛のコシやキューティクルが減ったり、関節痛に悩まされたり、出血しやすくなって傷が治りにくくなったりと、年齢が上がるにつれて当てはまる症状は増えていってしまいます。

加齢だけではない

年齢以外では、紫外線や夏の暑さがコラーゲンを破壊するので、外出中の対策も十分に行う事をおすすめします。

その他の注意点として挙げられる事は、糖分を過剰に摂取してはいけないという事です。なぜなら血液中の糖分が増加してしまい、コラーゲンと結合して硬くもろくなってしまうからです。

甘いものの食べすぎ、飲みすぎや紫外線に十分に気を使いながらコラーゲン不足を防ぐ食生活を心がけた方が良いでしょう。